健康豆知識

病気や症状、検査、治療法から健康雑学に関する豆知識までを、簡単に分かりやすくご紹介しています。また、暮らしに役立つちょっとした知恵のほか、経済や日本語などのジャンルの記事も載せてあります。

体に現れる食べ過ぎのサイン

食べ過ぎとは・・・食べ過ぎとは、1日に必要となる摂取カロリーを超えて食べてしまった状態をいいます。そのため、運動をしないで、1日ごろごろと過ごしているときには、腹八分目でよく、それほど多くの食事量は必要なくなっています。また、加齢により、基礎代謝量が落ちてくると、若い頃の食事量は必要なく、年齢や活動に応じた量の食事を食べればよくなります。なお、激しい運動をした場合でも、胃の許容量を超えた食事には注...

膵臓がんの抗がん剤投与は手術前が効果大

膵臓がんは・・・膵臓がん(膵がん:pancreatic cancer)は、主に膵管(すいかん)の上皮細胞ががん化する悪性腫瘍です。この膵臓がんは、他の部位に転移や浸潤しやすいため、一般的に治療が難しいがんのうちの1つとなっています。近年、膵臓がんの発症者数は増加傾向にあり、国内では年間4万人以上の方が発症しています。また、膵臓がんの患者さんは、60歳代の方に多く、「男性:女性=8:5」の比率で、男性がやや多くなっ...

子どもの白血病は約7割が完治

白血病とは・・・白血病(はっけつびょう:leukemia)とは、血液のがんのことで、遺伝子が異常をきたしてがん化した白血球が多くなる病気のことです。このがん化した白血球は、正常な血液細胞の成育を阻害するだけでなく、全身の臓器を侵して機能異常を引き起こします。なお、がん化した白血球が生まれる場所の違いから、「骨髄性」と「リンパ性」に分類されます。また、症状の進行具合の違いから「急性」と「慢性」に分けられます...

白血病の5年生存率が上昇中

治る病気へ・・・白血病(はっけつびょう)は、昔、「不治の病」と呼ばれていました。しかし、近年、白血病は、「治る病」へ変わりつつあります。というのも、白血病の治療法が、日々進化していて、新しい抗がん剤が次々に開発されているからになります。また、検査方法も進化していて、これまでの検査方法に加えて、複数の検査を組み合わせて、がんの種類に応じた治療が可能となってきています。最近では、白血病は、小児(0~1...

AYA(アヤ)世代のがん患者さんが抱える問題

AYA(アヤ)世代とは・・・AYA(アヤ)とは、「Adolescent and Young Adult」の英語の頭文字からきた略字で、「思春期・若年成人」を表す言葉です。そして、AYA世代とは、明確な定義はありませんが、15~39歳を指すことが多い言葉として使用されています。AYA世代のがん患者さんが増加中近年は、このAYA世代のがん患者さんが、じわりと増えてきています。厚生労働省が、2019年1月に発表した集計では、2016年に新たに...

在宅医療の掛かり方やそのお金

◎在宅医療とは・・・在宅医療(ざいたくいりょう:home care)とは、医師や看護師などが患者さんの自宅を訪問して診療やケアを行い、健康管理や必要な医療処置を施すことを言います。この在宅医療は、「在宅ケア」とも呼ばれていて、寝たきりや難病、長期療養が必要な患者さんが、自宅で暮らしながら必要な医療サービスの提供を受けています。因みに、在宅医療は、基本的に24時間対応で行われています。また、実際の在宅医療は、...