手足

浮き指を改善するコツとその体操

0 0
健康雑学◎浮き指とは・・・

浮き指(うきゆび)とは、立った状態のときに、足の指先が地面から離れてしまう状態のことです。

この浮き指は、重心が踵(かかと)に偏ってしまうことが原因となって引き起こされます。


また、歩いた時に、つま先が十分に上がっていない場合にも、踵に重心が乗ってしまいます。

そのため、このような立ち方や歩き方をしている人は、踵の角質が厚くなり、踵の皮膚が乾燥してガサガサになったときのように荒れやすくなってしまいます。





◎正しい重心の乗せ方

人は正しく重心を乗せると、足の親指の付け根、小指の付け根、踵の3点が地面に接地して、体重を支えます。

しかし、踵に重心が偏っている方は、指先が浮いてしまい、地面から離れてしまいます。


特に、多くの浮き指の方では、人差し指と中指の2本が浮くケースが典型例となっています。




◎浮き指のチェック法

自分が浮き指でないかをチェックするには、立った時に、足の指先が地面に接しているかどうかを確認します。

このとき、1本でも、足の指先が地面から離れていれば、浮き指の可能性があります。


また、足の指をすべて内側に曲げてみた時に、指の付け根にゴツゴツと骨の突起が現れるかどうかも確認します。

浮き指の方は、指を内側に折り曲げる力が弱まっているため、骨の突起が現れないことが多くなっています。




◎浮き指は、足のトラブルを招く

浮き指は、放置しておくと、重心が偏ってしまい、足の裏にトラブルが発生する原因となります。


例えば、体重が足の裏全体で支えられないため、過度に体重がかかる部位にタコや魚の目ができやすくなります。

また、踵の角質が厚くなったり、巻き爪(まきづめ)になったりすることもあります。


特に、巻き爪は、足の指先に適度な力が加わらないために、爪が正しく伸びなくなり、爪が変形して、爪の両側が皮膚に食い込んでしまいます。

なお、爪の切り方が悪いと、痛みを回避するために、浮き指になり、巻き爪が引き起こされることもあるため、注意が必要です。




◎浮き指を改善する方法

浮き指がある方は、歩いた際につま先が十分に上がらなくなり、足をつっかけたり、つつまずいたりすることが多くなります。

また、浮き指があると、足の指の力が弱まり、踏ん張ることができずに、転倒しやすくなります。


この浮き指を改善するためには、足の指先に体重が乗るようにすることが必要となります。

そのため、足の指先の運動を行って、指の筋肉を鍛えることが大切となります。


<浮き指の改善体操>


・つま先立ち体操:踵を上げ下げして、つま先立ちを繰り返します。1日30回を目安に行います。

・つま先上げ体操:足の裏全体を地面に接地させ、つま先の指のみを上げ下げします。これも1日30回を目安に行います。

・タオル引き寄せ体操:地面に広げたタオルを足の指だけで引き寄せます。1日5セットを目安に行います。

※運動や歩く際には、足の指で地面をつかむような感覚を意識しながら行うと、浮き指の予防になります。






◎足を清潔に保つ

足のトラブルを招かないために、普段から足を清潔に保つようにして、足の異常がないかどうかをチェックします。

特に、足の指の間や爪の周りは、ゴミや垢がたまりやすいため、毛先の柔らかいブラシで洗うようにします。


なお、足の角質は、雑菌や臭いの温床となるため、入浴後は乾燥させずに、水分を拭き取ったあとに保湿するようにします。

ただし、古い角質を取りすぎるのも、逆効果となることがありますので要注意です。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply