全身・その他

「さらさら汗」をかくためにできること

汗の臭い
汗が臭うのは・・・


汗が臭うのは、汗の質が悪いことからきています。

この質の悪い汗は、べたべたとしていて、臭いのもとになるアンモニアや尿素、ミネラル成分などを多く含んでいます。


そのため、「べたべた汗」は、皮膚の上に存在する雑菌(常在菌)の餌となります。

これらの雑菌は、皮脂や角質とともに、汗を分解し、臭いのもととなる分解臭(酸っぱい臭い)を発生させます。


人は汗で体温調整


人は、汗をかくことで、体温調整を行っています。

そもそも、体温は、細胞が取り込んだ栄養素を燃焼させるときに発生します。


この熱は、体内にこもり過ぎると、体温の上昇をもたらし、熱中症のように体を危険な状態にさらします。

そのため、人は、汗をかくことで、汗が蒸散するときの気化熱を利用して、体内の熱を外へ逃がしています。


なお、汗を分泌する汗腺は、使えば使うほど機能が高まり、臭いのもとになる成分の少ない「さらさら汗」を出すようになります。

因みに、この「さらさら汗」は、小粒で水に近いため、蒸発しやすいという特徴を備えています。


夏よりも春のほうが臭う


一般に、体臭がきつくなるのは、たくさん汗をかく夏よりも、春になります。

これは、汗をかきづらい冬を過ごしたため、汗腺の働きが春先に鈍っていることによります。


そのため、春が本番となり、だんだん暖かさが増してくる頃には、衰えた汗腺から、大粒の「べたべた汗」がにじみ出てきます。

すると、満員電車やエレベーター内などの密閉した空間では、体から「汗臭さ」などの臭いが発せられて、周囲に漂います。


臭いは集中力を低下させる


体臭は、他人の集中力を低下させたり、不快感を催したりして、人を遠ざける働きを持ちます。

特に、職場での汗の臭いは、仕事の効率にも悪影響を及ぼし、対人関係の悪化をもたらします。


近年では、「スメルハラスメント」と呼ばれるように、臭いへの関心が高まり、汗の臭いをコントロールする対策が必要となっています。


汗の臭いを改善する方法


汗の臭いを改善するには、汗腺を鍛えて、質の良い汗をかく体質へ変えていくことが大切です。

特に、普段から、あまり運動をしない方やエアコンなどの空調設備に慣れている方などは、意識的に汗をかく練習をすることが重要です。


なお、汗をかくには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うほか、入浴や半身浴、手足浴なども効果があります。

<「さらさら汗」をかく対策>


・エアコンを避けて、汗をかきやすい環境を作る
・軽めの運動を習慣化して、ゆっくりと汗をかく練習を行う
・入浴時に、汗腺を鍛えるトレーニングを行う
・吹き出た汗は放置せずに、臭う前に拭き取る
など



入浴時の汗腺トレーニング


入浴時には、できるだけ汗を出すように訓練します。

この汗腺トレーニングは、「高温の手足浴」と「微温の半身浴」を組み合わせて行います。

<高温の手足浴>


①43度くらいの熱めのお湯を、湯船(バスタブ)の3分の1ほどの高さまで張ります。
②両手は肘から手先まで、両足は膝から下までをお湯に浸けて、10~15分間ほど温めます。
※湯船に入れた椅子に座り、前かがみになると、手足を温めやすくなります。



<微温の半身浴>


①手足浴のあとに、36度くらいのお湯になるように、お湯を付け足します。
②湯船(バスタブ)の半分くらいの高さまでお湯を張り、10~15分間ほど入浴します。
※半身浴では、コップ1杯のお酢を追加すると、お酢が発汗を促して、汗腺機能の回復を助けてくれます。



汗臭さを防ぐコツ


汗腺機能が回復してこない時期には、かいた汗をなるべく早く拭き取り、臭いを発生させないようにすることが大切です。

また、出勤前には、汗の臭いがこもりやすい脇や足裏に、制汗スプレーをひと吹きするのも効果的です。


なお、汗が気になる場合には、乾いたハンカチやタオルで拭き取るよりも、一度水に浸し、固く絞った濡れタオルが大変有効です。

この濡れタオルは、汗の水分だけでなく、臭いを強くする皮脂の汚れも拭い取ることができます。


因みに、濡れタオルがない場合には、市販されているボディー用拭き取りシートやウェットティッシュなどを携帯して代用することができます。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply