介護の話

大人用おむつの使い方とその注意点

0 0
介護◎大人用おむつとは・・・

大人用おむつ(adult swaddling band)とは、排尿や排便が難しい大人向けに販売されているおむつのことです。

この大人用おむつは、尿失禁に悩まされている高齢者の方を中心に重宝されています。


また、大人用おむつは、介護現場でも幅広く使われていて、要介護が必要な方や介護を行う側の負担を減らす下着として活用されています。

なお、乳幼児用のおむつは、「おしめ(diaper)」ともいい、「御襁褓(おむつき)」が変化してできた言葉です。



<大人用おむつの種類と材質>


種類:主にテープタイプとパンツタイプの2種類

材質:紙製(ディスポーザブル品)、布製(洗濯可能品)

形状:紙製は長方形が多く、布製は長方形や正方形

※おむつを固定し、排泄物を外に漏らさない「おむつカバー」もあります。



◎大人用おむつの使い方

大人用おむつの多くは、排泄物を受け止めて吸収するインナー(パッド)と、このインナー押さえて固定するアウターを組み合わせて使用します。

また、大人用おむつには、排泄物を外に漏らさないギャザー(ひだ)も、インナーとアウターの縁にそれぞれ付いています。


大人用おむつを使用する前には、太ももを包み込みこむように配置されているギャザーを指でしっかりと立てます。

こうすることで、ギャザーが尿の防波堤の役割をしてくれて、尿漏れを防ぐことができます。


次に、インナーを股に当てる際には、インナーの中央付近にある溝(スリット)を尿道口にきちんと当てるようにします。

なお、インナーは、尿を何度も吸収できるように作られているため、インナーの溝を尿の出口に当てることで、尿の吸収を素早く行うことができます。


ただ、インナーがうまく当てられない場合には、お尻の割れ目の終わりとインナーの吸収体の端を合わせるように装着させると、インナーを適切な位置に固定しやすくなります。

尿漏れを防ぐためには、インナーを前過ぎず、後ろ過ぎない位置に固定して、尿が良く吸収されるようにすることがコツです。


インナーがきちんと当てられたら、アウターを腰の位置で留めて、おむつ全体を固定します。

因みに、テープタイプのアウターの場合、上のテープは腰に引っ掛けるように下向きに留め、下のテープは平行に留めます。


◎自分ではける方は・・・

大人用おむつを自分ではける方の場合には、テープタイプのおむつよりも、パンツタイプのおむつを選ぶようにします。

このパンツタイプのおむつは、下着を着けているかのような感覚でおむつを装着することができます。


また、動きやすいパンツタイプのおむつは、生活の質(QOL)を維持しやすく、介護予防の観点からも推奨されています。

なお、足腰が弱くなって、自分でおむつをはくのが難しい場合には、テープタイプのおむつを選び、外側から着用するようにします。


◎大人用おむつの注意点

大人用おむつを使用する場合、多くの尿を吸収させるため、インナーを何枚も入れると、逆に尿漏れを引き起こす原因となります。

これは、インナーの厚みが増して、アウターと体との間に隙間ができて、インナーが尿を吸収するより前に、尿が溢れ出てしまうことによります。


また、一度に多くのインナーを使用することは、おむつ全体をずれやすくしてしまい、おむつかぶれの原因ともなります。

そのため、大人用おむつは、取扱説明書や注意書きに従い、適切に使用することが大切です。


なお、インナーには、昼用と夜用が発売されていますが、おむつの装着時間や尿量の多寡によって、インナーを使い分けることが出来ます。

そのため、インナーは、おむつをはいた時に排出する尿量を考慮して、昼用と夜用を選ぶようにします。


また、大人用おむつを介護に用いる場合、介護にあたる側の都合も考えて、昼用と夜用のインナーを選びます。

特に、頻繁におむつを交換できない場合には、尿の吸収量が多いインナーを選ぶようにします。


◎おむつかぶれに注意

おむつかぶれは、俗に、「おむつ負け(swaddling band rash、diaper rash)」といい、医学的には、「おむつ皮膚炎(swaddling band dermatitis、diaper dermatitis)」といいます。

このおむつかぶれは、おむつが当たる部分に生じやすく、赤くなり、ただれたような皮膚症状が現れます。


おむつかぶれの原因は、おむつによる物理的刺激や、排泄物が漏れて、その排泄物の化学的刺激によって、皮膚にダメージが加えられたことによります。

なお、尿の中に含まれるアンモニアは、皮膚を傷めやすく、細菌や真菌の感染が加わると、皮膚症状が複雑に変化します。


おむつかぶれを予防するためには、おむつがあたる部分の皮膚を常に清潔に保ち、汚れた場合には、きれいに拭いた後、なるべく乾燥させることが大切です。

また、おむつがあたる部分に赤みが生じてきたら、ガーゼなどを当てて、炎症傾向の皮膚を保護していくことが必要です。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply