介護の話

杖(つえ)の適切な選び方や使い方

0 0
予防◎杖は、転倒防止に役立つ

杖(つえ:cane、stick)は、転ぶのを防ぐために役立つ道具です。

また、杖には、転倒予防のほかにも、歩くときのバランスを保ったり、適正な姿勢を取ったりする歩行補助の役割もあります。


さらに、目が不自由な方が使用する杖(白杖)のように、安全を確保する杖もあります。



<杖の種類と材質>


杖の種類:T字杖、折り畳み式杖、オフセット杖、多脚杖、調整式杖、肘台つき杖、白杖など

杖の材質:木製、プラスチック製、金属製など

杖の構造:握り(グリップ)、棒(支柱)、先端(杖先)



◎杖が必要な方

杖は、足腰が弱ってきた方や、脳梗塞の後遺症で足を動かしにくい方などに必要な道具となっています。

また、杖は、膝や足首が痛い方や足に痺れがある方にも、歩行をサポートする道具として重宝されています。


なお、手首(手関節)に痛みのある方や手首を動かしづらい方には、前腕全体で支持する肘台つき杖が使いやすくなっています。

一方、歩行バランスの取りづらい方には、杖の先端が4つに分かれて安定した多脚杖が合っています。


◎杖を使うのに、抵抗がある方も・・・

患者さんのなかには、杖を使って歩くことに抵抗を感じる方がいます。

その背景には、「杖がある方が歩きにくい」とか、「杖を忘れてしまうと大変だから・・・」とか、杖に対する理解不足があります。


また、杖の基本的な使い方を知らないまま、杖を単に面倒な道具と考える方もいます。


◎様々なタイプの杖が販売

最近では、おしゃれなデザイン杖や、携帯に便利な伸び縮み式や折り畳み式タイプの杖も登場しています。

また、一本の木を磨き出して、仙人が持っているような長いタイプの杖や、軽くて頑丈なカーボン製の杖も発売されています。


なお、杖は、これまで介護用品店が主に取り扱ってきましたが、近年は、杖の需要が増してきたため、百貨店やデパートなどでの取り扱いも増えてきています。

また、杖を購入する方は、杖が必要な本人だけではなく、誕生日プレゼントなどとして、患者さんのご家族が買い求めることも多くなっています。


◎T字杖の正しい選び方

杖は、自身の体の一部となる道具のため、体に合わせた杖を選ぶことが大切です。

また、杖は、体や足の弱っている側(患側:かんそく)とは反対側(健側:けんそく)の手に持つ道具です。


そのため、杖は、持ち手に合った握り部分があるものを選びます。


<T字杖の正しい選び方>


杖の長さ:肘を曲げて杖を握り、杖先を持ち手側(健側)の足の前外側10~15cmをついたときの長さで微調整します。

※簡単な方法として、「大腿骨の大転子の高さ」や「身長の半分+靴のかかとの長さ(2~3cm)」を目安にすることもあります。

杖の重さ:肩や手首に負担の掛からない軽さにします。

杖の持ち手(グリップ)部分:杖の棒(支柱)部分を人差し指と中指で挟みやすい形にします。

杖の先端:滑り止めがついている杖にします。

杖のストラップ:杖を落とさない補助具(ストラップ)がついた杖にします。

両肩の姿勢:杖を普通についたとき、両肩が水平になる杖にします。

肘の角度:つま先付近に杖をついたとき、持ち手の肘が15~30度ぐらいに軽く曲がる杖にします。

など



◎T字杖の正しい持ち方

T字杖を購入する場合には、実際に手に持った感触と歩きやすさが選ぶポイントになります。

また、T字杖は、正しく持たないと、杖を落としやすく、転倒の危険性を高めてしまいます。


特に、高齢者が使う杖の事故で多いのが、杖を落としたあとに、杖を拾い上げようとして転倒してしまうことです。

そのため、杖をついて歩くことだけに気をつけるのではなく、杖の握り方や杖を落とさない工夫が大切となってきます。


<T字杖の正しい持ち方>


良い握り方:杖の棒を人差し指と中指で挟むようにして持ちます。もしくは、人差し指を杖の棒に沿わせて握ります。

悪い握り方:杖のグリップ部分の前のみや後ろのみを握る持ち方。安定しないため、転倒の危険性を高めてしまいます。

ストラップを使用:杖を握る前に、手首をストラップに通してから、杖を握ります。

など



◎杖の定期点検

杖を使用している場合には、半年ごとに1度、杖を定期点検することが大切です。


なお、杖は、使用し続けるにしたがって、杖の先端が磨耗してツルツルになっていきます。

この先端が滑りやすくなった杖は、雨の日に使用したときやマンホールなどをついたときなどに、転倒の危険性を高めてしまいます。


また、杖への加重の掛け方によっては、持ち手部分と棒部分との境目に緩みや歪みが生じてしまうこともあります。

さらに、長期間の使用により、杖の金属部分に腐食が見つかることもあります。


そのため、長く使い続けて、手になじんだ杖でも、不具合が生じていないかを定期的に確認することが大切となっています。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply