介護の話

地域包括支援センターへの相談の仕方

0 0
介護◎地域包括支援センターとは・・・

地域包括支援センターとは、介護に関する相談窓口を設置している公的機関のことです。

この地域包括支援センターは、各市町村が設けていて、社会福祉法人や医療法人などに委託して、高齢者やその家族からの介護に関わる相談を受け付けています。


なお、地域包括支援センターには、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)のほか、看護師や保健師、福祉制度に詳しい社会福祉士などが常駐しています。



<地域包括支援センター>


関係法令:改正介護保険法(2006年施行)により新設

目的:高齢者の地域生活を支える包括ケアの拠点として、在宅介護支援センターの機能を拡充して設置

専門職:主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)、看護師、保健師、社会福祉士など

責任主体:各市町村

委託先:社会福祉法人や医療法人など

担当業務:総合的な相談・支援、権利擁護、介護予防マネジメント、包括的・継続的マネジメントなど

相談料:無料(電話での相談にも対応)






◎親の介護に不安を感じたら・・・


親の介護に不安を感じたら、現在、親が住んでいる地域を担当する地域包括支援センターに相談することができます。

例えば、地域包括支援センターは、「最近、親の外出や家事が大変そうで心配」や「よく忘れ物をするようになって、暮らしが気がかり」、「退院をしたあとの生活を相談したい」など、高齢者の生活や介護の相談に乗ってくれます。


なお、お住まいを担当する地域包括支援センターの場所や連絡先が分からない場合には、各自治体に問い合わせると、連絡先や相談日時、場所などを具体的に教えてくれます。

また、地域包括支援センターも、「生活に少しの不安を感じたら、家族で抱え込まずに、気軽に相談してください」と、いつでも問い合わせや相談に応じてくれます。




◎相談をすると・・・

地域包括支援センターでの、問い合わせや相談は無料でできます。

そして、地域包括支援センターに相談すると、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)や保健師、看護師、社会福祉士など、介護や医療の知識が豊富な専門職のスタッフが、相談内容を聞いてくれます。


また、必要に応じて、地域包括支援センターのスタッフが自宅を訪問してくれ、本人や家族と直接面会して、どんな支援が必要なのかを一緒に考えてくれます。


なお、支援が必要な方の年齢が、65歳以上の場合には、介護保険制度を活用することができます。

そのため、この介護保険制度を活用して、介護サービスを受けるための手続きの仕方も丁寧に教えてくれます。




◎介護サービスを受けるには・・・

介護サービスを受けるには、利用する方の年齢が、原則65歳以上で介護保険に加入していることが条件になります。

また、利用しようとしている方が、現に、食事や排泄、移動などで手助けを必要としていたり、日常生活において支援を必要とする状況にあったりすることも、介護保険の受給条件となります。


なお、介護保険によるサービスを開始するには、まず、本人やその家族が市町村に、要支援や要介護の認定を受けるための申請(無料)を行います。

そして、介護認定後、在宅訪問のケアマネジャーや施設のケアマネジャーに、在宅サービスや施設サービスのケアプラン(介護計画)を立ててもらい、サービスを開始します。


<介護サービス>


自己負担:1割負担(本人の所得が一定以上ある方は、2割負担)

サービスの種類:大きく分けて、在宅サービスと施設サービスの2種類

サービス内容:利用者の必要に応じて、サービスの組み合わせや利用回数を決定

※介護保険サービスのほかにも、自治体が独自に提供するサービス(食事配達など)も受けられることがあります。






◎家族の仕事についても・・・

介護は、長期に渡ることがあるため、地域包括支援センターでは、介護を行う家族の仕事についても考慮してくれ、活用できるサービスをいろいろと提案してくれます。

また、職場で導入されている介護休業制度の仕組みについても教えてくれ、仕事を辞めずに、介護を続けられるような支援策も一緒になって考えてくれます。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply