疲れ目が起きる仕組み

0 0
目◎疲れ目とは・・・

疲れ目(つかれめ)とは、本を長く読んでいたり、細かい作業に集中していたりして、目に疲れが溜まった状態のことを言います。

近年では、パソコンやスマートフォンなどの電子機器が普及し、近くの画面を見続けることで目の疲れを訴える方が増えてきています。


なお、この疲れ目は、ほとんどの場合、一晩ぐっすりと眠ることで回復します。

ただし、長期間、目を酷使し続けると、眼球の内外にある筋肉に疲労が蓄積して、「眼精疲労(がんせいひろう:asthenopia)」をきたすことがあります。





◎眼精疲労とは・・・

眼精疲労(がんせいひろう:asthenopia)とは、普通の方であれば、目に異常が現れないような作業でも、目の疲れやしょぼしょぼ感、視界のぼやけ、目の奥の痛みなどの違和感が生じる症候のことです。

この眼精疲労は、その原因が人によりさまざまで、単なる目の使いすぎ(オーバーユース:overuse)のほか、眼鏡(めがね)やコンタクトレンズの度が合わない、暗い場所で作業をした、ちらつきの多いモニター画面を見たことなどが影響してきます。


なお、目に、白内障や緑内障、斜視、ドライアイなどの基礎疾患がある方は、この眼精疲労が起きやすくなっています。

また、目そのものに異常がない方でも、全身的な慢性疾患や心身症、人間関係のストレス、生活環境の悪化、猫背姿勢などが原因で、眼精疲労が引き起こされることがあります。


<眼精疲労の原因>


(目に異常がある場合)
・白内障

・緑内障

・斜視

・ドライアイ

など


(目に異常がない場合)
・長時間の読書や作業

・電子機器(テレビ、パソコン、スマートフォンなど)の見過ぎ

・度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用

・全身的な慢性疾患(高血圧や糖尿病、貧血、栄養吸収障害など)

・心身症

・人間関係、生活環境の悪化などによる精神的ストレス

・猫背姿勢

など






◎疲れ目が起きる仕組み

疲れ目は、眼球の内外にある筋肉が疲れることで引き起こされます。


例えば、ピント調節の役割がある毛様体筋(もうようたいきん:ciliary muscle)は、近くを長時間見続けることによって、緊張し続けます。

毛様体筋の緊張が続くと、この筋肉は硬く凝り固まって動きづらくなり、水晶体を厚くしたり薄くしたりしにくくなって、ピントがぼやけます。


一方、視線を上下左右に細かく動かすパソコン作業やゲームを長く続けていると、眼球の外側にある外眼筋(がいがんきん:extraocular muscle)が疲労します。

この外眼筋は、姿勢を変えずに一定の距離から、ものを見続けることで硬くなり、目の血流を悪化させます。


なお、毛様体筋は、多数の平滑筋が集まってできた通常3層構造の筋肉で、副交感神経の支配を受ける筋肉になります。

この毛様体筋が収縮すると、水晶体は、自身の弾性によって厚みを増し、光の屈曲率を増加させます。


因みに、外眼筋(EOM)は、全部で6本の筋肉があり、4つの直筋(内直筋、上直筋、下直筋、外直筋)と、2つの斜筋(上斜筋、下斜筋)から構成されています。




◎目の構造は、アナログカメラに類似

人の目は、外から入ってきた光が目の表面にある角膜(かくまく)を通り、レンズの役割をする水晶体(すいしょうたい)で屈折させられて、網膜(もうまく)でその焦点を結びます。

このような目の構造は、レンズから入ってきた光をフイルムに焼き付けるアナログカメラとよく似ています。


なお、人の目では、網膜に映った外界の映像は、視神経(ししんけい)に伝わり、電気信号に変えられて、脳へ伝達されます。




◎疲れ目から不眠になることも・・・

疲れ目は、目のぼやけやしょぼしょぼ感のほか、目の充血やドライアイを引き起こします。

そして、この疲れ目は、さらに、筋肉の疲労が蓄積していくと、眼精疲労へと進みます。


すると、一晩ぐっすりと眠っただけでは、目の疲れが取れず、頭痛やめまい、肩こりなどの目以外の症状も現れてくることがあります。

特に、眼精疲労が酷い方では、不眠やうつ症状などを引き起こし、ストレスの蓄積と重なって、体のあちこちに深刻な症状が現れてきます。




◎疲れ目解消には、目の休息が大事

疲れ目の多くは、目を使いすぎたために起こります。

そのため、疲れ目を解消するには、目の疲労を取り除くために、目を休ませることが効果的となっています。


例えば、疲れ目が比較的軽い場合には、いつもよりも早めに寝て、目の休息時間を長めに取ることで回復しやすくなります。

しかし、疲れ目が取れにくい場合や、どうしても仕上げなければいけない仕事がある場合には、目への血流を改善させるホットアイマスクや15分程度の仮眠が効果を上げています。


また、市販されている目薬を活用するのも、疲れ目解消に効果があります。

ただし、市販薬には、さまざまな目の症状に対応できるようにと、1つの目薬の中に複数の有効成分が配合されています。


そのため、市販されている目薬を長期間使用し続けることで、思わぬ副作用を招くことがあり、その使用には注意が必要となっています。




◎市販目薬に含まれることが多い成分


<市販目薬に含まれることが多い成分>


(有効成分)
・疲れ目の緩和、細胞代謝の促進成分:タウリン、ビタミンB6、プロビタミンB5、天然型ビタミンE、L-アスパラギン酸カリウムなど

・ピント調節機能の改善成分:ネオスチグミンメチル硫化塩など

・充血抑制成分:塩酸テトラヒドロゾリンなど

・涙液保持成分:コンドロイチン硫酸エステルナトリウムなど


(添加物)
・防腐剤:ベンザルコニウム塩化物など



これらの成分のうち、特に注意が必要なのは、血管収縮剤である塩酸テトラヒドロゾリンです。

この成分は、繰り返し使うことで、充血を抑制する時間が短くなる性質があります。


また、塩酸テトラヒドロゾリンは、その効果が切れた際に、かえって血管が拡張して、充血症状を慢性化させてしまうという副作用もあります。


一方、殺菌作用の強い防腐剤であるベンザルコニウム塩化物は、角膜などの目の細胞に傷害を与えてしまうことがあります。

そのため、これらの成分が配合された目薬は、1日の用量と点眼の間隔時間を守ることが大切となります。


なお、市販薬は、病気の症状を緩和させることが目的のため、病気そのものを根本から治すことはできません。

そのため、疲れ目が続く場合には、きちんと眼科を受診して、疲れ目の原因を突き止めてから、適切な治療を受けることが大切となっています。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply