健康雑学

「紹介状なし」の受診は、特別料金を加算

0 0
医療費◎紹介状を持参しないと、追加負担

厚生労働省は、紹介状を持たないで大病院や地域の中核病院を受診した患者さんに対して、通常の初診料などに加えて、特別料金を徴収する制度をスタートさせています。

この新しいルールは、2016年4月から、500床以上の大病院(全国約260病院)に限定して導入されました。


その後、2018年4月からは、400床以上の地域の中核病院(全国約410病院)にまで、その対象を拡大して導入されています。





◎特別料金の金額

厚生労働省は、大病院や地域の中核病院に、「紹介状なし」で受診した患者さんに対して、「初診時では5,000円以上、再診時には2,500円以上の特別料金を加算する」ことを義務づけています。

これにより、かかりつけ医のない患者さんが、紹介状を持たずに大病院や中核病院を受診すると、初診料や検査料、処方料のほかに、追加負担が発生します。


なお、再診時の特別料金については、初診時に診察した医師が、継続治療が必要と判断した場合には再診時の追加負担が不要となります。

しかし、患者さんの判断で受診した場合、原則、再診の度に、再診時特別加算が徴収されます。


例えば、「大学病院や大病院のほうが詳しい検査機器が揃っているから安心だろう」と考えて、「紹介状なし」で受診した患者さんは、初診時に特別料金5,000円以上が加算されます。

そして、診察した医師が、「継続治療の必要なし」と判断したにもかかわらず、通い続けた場合には、再診の度に、再診時の特別料金2,500円以上が加算されます。


なお、厚生労働省は、これまでに、200床以上の病院についても、「病院の判断により、初診時や再診時に特別料金を加算してもよい」と認めています。

そのため、特別料金を加算していた200床以上の病院では、2018年4月のルール改正から加算金を引き上げたところも出てきています。


<紹介状なし時の加算金額>


・500床以上の大学病院や大病院:初診時加算5,000円以上、再診時加算2,500円以上

・400床以上の地域の中核病院:初診時加算5,000円以上、再診時加算2,500円以上

・200床以上の中規模病院:病院の判断により加算

※救急患者さんに対しては、どの病院も特別料金を加算してはいけません。






◎特別料金は、医療機関の役割分担のため

「紹介状なし」で受診した際に発生する特別料金は、国が医療機関の役割分担を明確にして、医療の効率化を図るために導入されています。

そのため、特別料金を徴収できる病院は、高度な医療を提供して、より専門的な治療が必要な患者さんに対応できる体制作りをしています。


患者さんには、追加加算の発生が厳しい措置のように思われますが、命の危険がある患者さんや難しい症例の患者さんを集中的に治療していくためには必要なことになります。

そのため、患者さんは、日頃から何でも相談できる「かかりつけ医」を持つことが大切になります。


なお、この特別料金を加算できる病院は、全国にある医療機関のうち約6%程度となっています。




◎まずは、かかりつけ医を受診

患者さんが医療機関を受診する場合、緊急性のある場合や重症な場合を除いて、まずは、かかりつけ医を受診してもらうことが大切です。

そのため、患者さんが風邪を引いた場合には、かかりつけ医がいる診療所を受診して、必要に応じて、中核病院や大病院を紹介してもらうようにします。


なお、紹介状の発行は、健康保険が適用されて、自己負担額が3割の患者さんでは、原則750円となっています。

因みに、次に受診する中核病院や大病院が決まっていない場合でも、患者さんは、医師に紹介状を書いてもらうようにお願いをすることができます。


そして、紹介状をもらうときには、それまでの治療経過や検査データ、画像データ、処方薬などの情報も合わせて、主治医から提供してもらえます。

これにより、患者さんは、次の病院で同じ検査を受けなくて済み、余分な出費を抑えることができます。




◎大規模病院は、高度医療や入院医療に特化

医療機関の役割分担の流れは、今後も加速していくことが予想されています。

大規模病院は、高度医療や入院医療に特化して、専門的な医療を提供していくようになります。


一方で、小規模な病院や診療所は、かかりつけ医の役割を担い、地域に根ざした医療を提供していくようになります。

患者さん側も、今後は適切な医療が受けられるように、症状の軽重により、受診する医療機関を選んでいくことが求められてきます。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply