暮らし雑学

シェアオフィスの利用が拡大

0 0
暮らし雑学◎シェアオフィスとは・・・

シェアオフィス(share office)とは、企業の従業員や自営業の方向けに、有料で貸し出される仕事場のことです。

このシェアオフィスには、机や椅子などが備え付けられているほか、仕事を効率的に行うために、パソコンの電源や携帯電話の充電器、コピー機などが整えられています。


また、シェアオフィスのなかには、フリードリンクサービスを提供しているところや、共有スペースで他の利用者と交流できるところもあります。

さらに、近年では、キッチンや子どもを一時的に預けられるスペースを併設して、子育て中の方でも気軽に利用できるようにしているシェアオフィスもあります。


なお、シェアオフィスは、企業が自前でオフィスを設置せずに、離れた場所での仕事場として利用していることから、「サテライトオフィス」と呼ばれることもあります。





◎シェアオフィスの特徴

シェアオフィスは、1日単位や1か月単位、1室単位、1席単位などでスペースを借りることができます。

そのため、シェアオフィスは、人数や利用期間に柔軟に対応することができ、時間や場所を気にせずに仕事を進められる場所として、人気を集めています。


また、シェアオフィスを利用する企業にとっても、机や椅子、コピー機、ホワイトボードなどの設備費用よりも安上がりとなっています。

さらに、近年では、シェアオフィスを拠点とした異業種交流会や情報交換会などが催され、新ビジネスが誕生する場所として注目を集めています。


ただし、不特定多数の人が出入りできることから、企業秘密や個人情報の漏洩につながるリスクを含んでいます。

そのため、企業によっては、シェアオフィスでの個人情報の取り扱いや企業の機密性の高い情報を扱わないように、社員へ義務づけているところもあります。


<シェアオフィスの特徴>


(メリット)
・オフィスを借りることよりも安上がり

・時間や場所を限定せずに、仕事を進められる

・異なる産業の人たちと交流できる

・カフェよりも、仕事に集中でき、電話もできる

・短期間のオフィスとして借り上げられる

・個人事業主の仕事場として利用できる

・テレワーク(テレコミューティング)の拠点として利用できる

など


(デメリット)
・人の出入りがあり、情報漏洩のリスクがある

・利用人気の拡大により、スペースが確保しづらい

・図書館のように、座席指定できないところが多い

・会議場として利用されると、仕事に集中できない

など






◎シェアオフィスを利用する方たち

シェアオフィスを利用する方の目的は、様々となっています。

例えば、フリーランスや起業家の方々は、主に、普段の仕事場として利用しています。


一方、会社員の方は、取引先などを訪れたあとに、会社に戻ることなく仕事を進めるために借りているケースもあります。

また、企業が、新規プロジェクトを立ち上げる際の増員分の仕事スペースとして借り上げたり、本格的に首都圏に進出する際の足掛かりとして利用したりしています。


最近では、新規事業を企画する部門の従業員をシェアオフィスに常駐させて、異業種の方たちと交流を深めることで、新たなビジネスを立ち上げようとしている会社もあります。




◎シェアオフィスの拡大

国土交通省の調査によると、IT(Information Technology:情報技術)を活用して、シェアオフィスなど、本来のオフィス以外で柔軟に働くテレワークを経験したことのある社員は、2016年の13.3%から、2017年には14.8%へ増加しています。

また、政府の働き方改革の推進により、従業員が時間や場所にとらわれずに柔軟に仕事を進めることができる拠点として、シェアオフィスの設置が拡大しています。


このシェアオフィスは、もともと、フリーランスの人や起業家が一時的な仕事場として使うことが多い場所でした。

しかし、近年では、大企業を中心に、従業員の働く時間や場所を柔軟に認めて、生産性を高める手段として利用され始めています。


また、シェアオフィスを利用する企業は、優秀な人材を確保したいとの思惑もあり、シェアオフィスの利用を積極的に進めています。

今後も、働き方改革の推進や外資系企業の日本進出などで、シェアオフィスの利用は拡大の一途を辿ると予想されています。
トップページに戻る
サイトマップ・記事一覧に戻る

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply