消費税の導入やその税率引き上げの影響

◎消費税とは・・・消費税(しょうひぜい:consumption tax、sales tax)とは、モノを買ったときなどにかかる税金のことです。この消費税は、子どもからお年寄りまで、幅広い層の人々に負担してもらう税金となっています。なお、消費税は、国内総生産(GDP)全体の約6割を占める個人消費などに課税されます。そのため、消費税の導入やその税率の引き上げには、経済活動に大きな影響をもたらします。◎消費税の導入やその税率引き上...

フェデラル・ファンド(FF)金利の引き上げとその影響

◎フェデラル・ファンド(FF)とは・・・フェデラル・ファンド(FF:Federal Funds)とは、アメリカの民間銀行が、ニューヨークやボストンなどにある全米12の連邦準備銀行(地区連銀)に、無利息で預けている資金残高のことです。このフェデラル・ファンドは、アメリカの民間銀行が、「自身の銀行の預金残高に応じて、一定の割合のお金を預け入れなければならない」と決められている準備金になります。なお、フェデラル・ファンド...

上場廃止後の影響や株の行方

◎上場廃止とは・・・上場廃止とは、東京証券取引所(東証)などに上場している企業の株式が、取引所での取引が終了になることを意味します。この上場廃止の決定は、各証券取引所が定める上場廃止基準に抵触した場合や、証券取引所が「決算書類に偽った情報を載せて、市場の秩序を保てない」と判断した場合などに行われます。ただし、上場企業側から上場廃止の決定が下されることもあります。この場合、上場企業の経営陣は、「株主...

労働生産性を改善して、デフレを脱却

◎労働生産性とは・・・労働生産性とは、働く人が労働時間当たりに、どれだけ効率的に成果を上げていったかを示す指標のことです。この労働生産性の向上は、業務の効率化が図られ、企業利益を上乗せさせる余地が生み出されたことを意味します。例えば、ある労働者が、一般的な人が8時間掛けて仕上げる仕事を、6時間で終えることが出来たとします。すると、この労働者は、少ない労働時間で成果を出したことになり、企業の労働生産...

資金循環統計とは、お金の流れをつかむ地図

◎資金循環統計とは・・・資金循環統計(しきんじゅんかんとうけい)とは、さまざまな経済活動に伴うお金のやり取りを記録したもので、お金がどこに流れたかを示している統計になります。この資金循環統計は、日本銀行(日銀)の調査統計局が、1954年分から作成を開始し、四半期ごと(1~3月期、4~6月期、7~9月期、10~12月期)に作成しています。そして、作成した資金循環統計は、各期末から約3か月後に速報を発...