健康豆知識

乳がん治療の継続か、妊娠かの選択

◎若い方の乳がんでは・・・若い方の乳がんでは、一般的にがんの進行が速い傾向にあります。特に、乳がんの約5%を占める「炎症性乳がん」という珍しいタイプの乳がんでは、悪性度が高く、がんの進行も速くなっています。そのため、乳がん治療の第1選択肢は、「がんの縮小」および「がん細胞の摘出」となり、命の危険を回避することが最も大切になります。近年、標準的な乳がん治療では、抗がん剤でがん細胞を小さくする化学療法...

子宮移植の期待と課題

◎子宮移植とは・・・子宮移植とは、生まれつき子宮がなかったり、がんなどの病気によって、子宮を摘出したりした女性に、妊娠・出産を目的に第三者の子宮を移植することです。この子宮移植の対象となる女性は、2016年時点で、20~30歳代の方だけで、推計6~7万人いるとされています。なお、子宮の機能は、閉経後も残っていて、子宮移植のための子宮の提供者は、中高年の方でもなれる可能性があります。そして、子宮移植...

乳がんは、早期発見が大事!

◎乳がん患者さんの傾向国立がん研究センターによると、2016年に、新たに乳がんと診断される女性は、約9万人と予想しています。日本国内では、乳がんを発症する女性は、40歳代後半から50歳代前半の患者さんが多くなっています。女性のがんの中では、乳がんは、最も患者さんの数が多いがんになります。乳がん患者さんの統計では、年間、約1万4000人もの方が、乳がんで命を落とされています。しかし、近年は、乳がんの...

早期乳がんには、凍結療法や内視鏡手術が適応となります!

◎乳がん治療の選択肢乳がんの治療は、新しい治療薬の開発や手術法の確立などによって、患者さんの希望に即した治療法を選択できるようになってきています。現在、一般的な乳がん治療は、術前の化学療法、手術、術後の放射線照射や化学療法などになります。<乳がん治療の選択肢>・凍結療法:がん細胞を凍結破壊(早期がんの場合で、自費診療)・手術療法:乳房温存手術、乳房切除術(乳房全摘手術)、内視鏡手術(早期乳がんの場...

乳がん治療は、患者さんの希望を優先!

◎乳がん治療は、選択肢が多くなっています乳がんの治療は、いくつかの選択肢があり、患者さんの症状や進行度、がんのタイプなどの違いを考慮した上で、患者さんの希望に沿う形で治療が進められるようになってきています。そのため、患者さんの現在の生活や仕事など、患者さんがおかれている状況によって、治療の仕方を決めていけるようになってきています。一般的な乳がん治療は、術前の化学療法、手術、術後の放射線照射や化学療...