健康豆知識

介護現場での労災が増加中

◎労災とは・・・労災(ろうさい)とは、正式には「労働災害(ろうどうさいがい)」と言いますが、仕事が原因で発生した病気や怪我(けが)などのことです。この労災は、1980年前後には、全産業の死傷者数が年30万人台で推移していましたが、近年は、安全対策の強化などで減少傾向にあります。なお、2008年以降では、全産業の労災死傷者数は、11万人~12万人台で推移しています。因みに、従業員を雇用している事業者...

介護事業所の「働きやすさ」などを評価する優良認証制度

◎介護事業所とは・・・介護事業所とは、介護保険法に基づいた介護サービスを提供する事業所のことです。この介護事業所には、介護サービスを活用する利用者に対して、ヘルパーが訪問する「訪問介護事業所」や、利用者が通って定期的にリハビリを行う「通所介護事業所(デイサービス)」などがあります。<介護事業所の種類>・訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・訪問リハビリテーション・通所介護(デイサービス)・通所リハビリ...

有料老人ホームの入居前に確認したいこと

◎見学会や体験入居を利用する介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの介護施設は、新しく入ってくる入居者のために、事前見学会や体験入居などを開催しています。また、最近では、介護施設を紹介する会社が、介護施設を巡るバスツアーを企画し、複数の介護施設を見学して、比較検討する機会を設けています。なお、これらの見学会や体験入居は、介護施設を探している高齢者の方が気軽に参加できて、入居後の生活...

認知症の体験集約サイトのご紹介

◎認知症とは・・・認知症(にんちしょう)とは、老化による「もの忘れ」とは異なり、病気によって、脳の神経細胞が徐々に破壊されていくことで、症状が現れる病気です。この認知症は、発症する原因が人それぞれ異なっています。ただし、認知症患者さん全体の約5割を占めているのが、「アルツハイマー型認知症」になります。また、「レビー小体型認知症」と「脳血管性認知症」も、認知症患者さんのそれぞれ2割程度を占めていて、...

認知症患者さんの意思を尊重する支援のあり方

◎認知症とは・・・認知症(にんちしょう:dementia)とは、脳にできた病変によって、慢性的な認知機能障害が現れた状態の総称です。この認知症は、記憶力や計算力、家族や友人の顔の識別、日時や場所の判断力などが低下していきます。また、患者さんによっては、性格が変わったり、それまでの習慣としていた行動を取らなくなったりします。なお、認知症は、先天性の精神発達遅滞や単なる意識障害、うつ病や統合失調症などの精神病...