健康豆知識

認知症患者さんの意思を尊重する支援のあり方

◎認知症とは・・・認知症(にんちしょう:dementia)とは、脳にできた病変によって、慢性的な認知機能障害が現れた状態の総称です。この認知症は、記憶力や計算力、家族や友人の顔の識別、日時や場所の判断力などが低下していきます。また、患者さんによっては、性格が変わったり、それまでの習慣としていた行動を取らなくなったりします。なお、認知症は、先天性の精神発達遅滞や単なる意識障害、うつ病や統合失調症などの精神病...

介護保険でまかなう「生活援助」の利用上限

◎生活援助とは・・・生活援助(せいかつえんじょ)とは、介護保険でまかなう介護サービスのことです。この生活援助は、介護が必要な高齢者の自宅をヘルパーが訪ねて、介護サービス利用者の掃除や調理などを行います。厚生労働省(厚労省)によると、全国で約49万人の方が、この生活援助サービスを利用しています。その1人あたりの平均は、月に約11回となっています。なお、生活援助サービスを、月に31回以上利用している方...

大人用おむつの使い方とその注意点

◎大人用おむつとは・・・大人用おむつ(adult swaddling band)とは、排尿や排便が難しい大人向けに販売されているおむつのことです。この大人用おむつは、尿失禁に悩まされている高齢者の方を中心に重宝されています。また、大人用おむつは、介護現場でも幅広く使われていて、要介護が必要な方や介護を行う側の負担を減らす下着として活用されています。なお、乳幼児用のおむつは、「おしめ(diaper)」ともいい、「御襁褓(おむ...

杖(つえ)の適切な選び方や使い方

◎杖は、転倒防止に役立つ杖(つえ:cane、stick)は、転ぶのを防ぐために役立つ道具です。また、杖には、転倒予防のほかにも、歩くときのバランスを保ったり、適正な姿勢を取ったりする歩行補助の役割もあります。さらに、目が不自由な方が使用する杖(白杖)のように、安全を確保する杖もあります。<杖の種類と材質>・杖の種類:T字杖、折り畳み式杖、オフセット杖、多脚杖、調整式杖、肘台つき杖、白杖など・杖の材質:木製、...

地域包括支援センターへの相談の仕方

◎地域包括支援センターとは・・・地域包括支援センターとは、介護に関する相談窓口を設置している公的機関のことです。この地域包括支援センターは、各市町村が設けていて、社会福祉法人や医療法人などに委託して、高齢者やその家族からの介護に関わる相談を受け付けています。なお、地域包括支援センターには、主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)のほか、看護師や保健師、福祉制度に詳しい社会福祉士などが常駐しています...