健康豆知識

無理な完食指導が会食恐怖症を招く

会食恐怖症とは・・・会食恐怖症とは、人前で食事をすることに、極度の不安や嫌悪を感じる神経症のことです。この会食恐怖症では、知らない人の前で食事をすると、不安や動悸を覚えたり、吐き気に襲われたりします。また、会食恐怖症が酷くなると、家族や友人との食事を避けるようになります。なお、これまでには、会食恐怖症を発症して、食生活が乱れ、栄養素不足から成長が阻害されてしまうケースも報告されています。行き過ぎた...

子どもの白血病は約7割が完治

白血病とは・・・白血病(はっけつびょう:leukemia)とは、血液のがんのことで、遺伝子が異常をきたしてがん化した白血球が多くなる病気のことです。このがん化した白血球は、正常な血液細胞の成育を阻害するだけでなく、全身の臓器を侵して機能異常を引き起こします。なお、がん化した白血球が生まれる場所の違いから、「骨髄性」と「リンパ性」に分類されます。また、症状の進行具合の違いから「急性」と「慢性」に分けられます...

小学生の肩こりを誘発する重いランドセル

教科書の分量が増加近年、「脱ゆとり教育」により、小学校で学習する内容量や授業時間数が増えています。業界団体の教科書協会によると、小学校の教科書(2015年度)は、10年前と比べて、約34%も増量しています。具体的には、小学校1~6年生の教科書の合計は、2015年度では6518ページに上ります。また、中学1~3年生の教科書の合計は、2016年度では5783ページとなっています。特に、小学生は、学年が...

子どもの逆流性食道炎の原因とその症状

逆流性食道炎とは・・・逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん:reflux esophagitis)とは、胃酸を含む食べ物や飲み物などが逆流して、食道の炎症が引き起こされる疾患です。この逆流性食道炎は、その多くは、食道の下部にある括約筋が緩くなったり、食道が横隔膜を通過する部分(食道裂孔)でヘルニアが起こったりして引き起こされます。なお、胃がんによる胃全摘手術後では、腸液の逆流が起きやすくなるため、逆流性食道...

妊娠中の飲酒は母体にも悪影響

飲酒は母体に悪影響を及ぼす2018年11月7日、東北大学病院周産母子センターなどの研究チームは、妊婦さんが飲酒すると、妊娠高血圧症候群になるリスクが高まるとする調査結果を発表しました。それによると、妊娠中後期に毎日、日本酒1合以上に相当する飲酒を続けていた妊婦さんは、全く飲酒をしていない妊婦さんに比べて、3.45倍も妊娠高血圧症候群を発症するリスクが高かったとのことです。研究チームの調査は・・・東...

妊娠中の栄養不足は子どもの高血圧に関係

低栄養とは・・・低栄養とは、食事が十分に摂れず、必要とされるエネルギー量を下回っている状態をいいます。この低栄養が起きるのは、単に、食事摂取量が少ない場合がほとんどですが、栄養素の吸収障害や体内の代謝障害でも引き起こされます。通常、低栄養が続くと、体重が減っていき、浮腫や免疫力の低下、発育障害などが現れてきます。なお、最近の妊婦さんでは、出産後の体型を意識して、妊娠中でもダイエットを継続する方が増...