健康豆知識

妊娠期に注意したいトキソプラズマの母子感染

◎トキソプラズマとは・・・トキソプラズマ(toxoplasma gondii)とは、主に猫に寄生し、鳥類や哺乳類にも幅広く感染する寄生虫(半月状の原虫)です。このトキソプラズマは、経口感染(食べ物などから感染)し、細胞に寄生して、人畜共通の感染症を引き起こします。特に、妊婦さんがトキソプラズマに感染すると、胎盤を介して胎児に感染して、胎児の発育が阻害されたり、流産や早産が引き起こされたりします。なお、大人が感染した...

被災地の汚泥に潜む破傷風菌

◎破傷風とは・・・破傷風(はしょうふう:tetanus)とは、「テタヌス」とも言い、土の中に生息する破傷風菌に感染し、その菌が出す毒素によって引き起こされる病気のことです。この破傷風菌が出す毒素は、強力な神経毒(テタノスパスミン:tetanospasmin)となっています。破傷風の潜伏期間は、3日~3週間ほどと幅があり、発症すると、口を開けにくくなったり、筋肉がこわばったりするなどの症状が現れます。また、破傷風の症状...

海外から日本に持ち込まれるはしか(麻疹)ウイルス

◎海外旅行客から感染拡大2018年1月から4月まで、はしか(麻疹)ウイルスの感染者は、少なくとも106人が確認され、その後も、感染の広がりを見せています。特に、沖縄県では、台湾からの男性訪日客が、タイを旅行した後に来日し、日本に入国した後の3月20日に、はしか(麻疹)と確認されました。なお、この外国人男性が訪れた観光施設を利用した人や職員などに、はしかの感染が広がり、4月27日時点では、76人の感...

長期滞在の訪日外国人への結核検査を義務化

◎2020年までに態勢を整備2018年5月、政府は、日本に長期滞在を予定するアジアなどからの訪日外国人に対して、渡航前に、現地の日本指定病院で行われる結核検査の受診を義務化する方針を固めました。それによると、政府は、ビザ(査証)発給の条件として、結核に罹患していないことを証明する書類の提出を義務付けるとのことです。政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、入国前の結核検...

インフルエンザの治療は、進化中

◎インフルエンザとは・・・インフルエンザ(influenza)とは、オルトミクソウイルス科のインフルエンザウイルス(influenza viruses)による感染症状のことで、医学的には、流行性感冒(流感:epidemic catarrh)と言います。このインフルエンザは、飛沫により感染し、数日の潜伏期を経て、発熱や咳、鼻水、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの呼吸器症状や全身症状が現れます。通常、成人の場合、インフルエンザを発症した後、合併症...