健康豆知識

認知行動療法とは・・・

◎認知とは・・・認知(cognition)とは、心理学で用いられる用語で、一般的には、認識のことを言います。この認知(認識)は、知覚や記憶、学習、思考、言語などの知的な過程のことを指します。◎行動とは・・・行動(behavior)とは、呼吸や体温調節などの生理的反応から、摂食や飲水、性行動などの本能行動、感情や意志などの心理的過程を経た行動まで、さまざまな行動があります。このうち、認知行動療法では、認知を経て行われ...

ストレスの溜まり具合を判断するチェック項目

◎ストレスの感じ方は、さまざまストレスの感じ方には、個人差があります。これは、その人の考え方や性格、その日の体調など、様々な要因が関係することで、大小のさまざまなストレスが感じられるからになります。現代の社会では、このストレスを回避することはたいへん難しくなっています。そのため、日頃から、ストレスとどこかで折り合いをつけて、うまく付き合っていくことが重要になります。そこで、今の自分がどれくらいのス...

心を開放する第3の場所(サードプレイス)

◎心のゆとり「心にゆとりを持つためには、自分らしさを解放できる場所が必要」こう説いたのは、アメリカの社会学者レイ・オールデンバーグ(Ray Oldenburg)氏です。このレイ・オールデンバーグ氏は、1989年に、著書「The Great Good Place」で、「健康的な生活を営むには、魅力的な憩いと交流の空間が必要であり、その場所がサードプレイス(third place)」だと提唱しています。◎サードプレイスとは・・・レイ・オールデンバ...

パニック障害の症状とその治療法

◎パニック障害とは・・・パニック障害(panic disorder)とは、恐慌性障害とも呼ばれますが、突然やってくるパニック発作(不安発作や恐慌発作:panic attack)と、その発作の再発を恐れる予期不安を主な症状とする不安神経障害です。このパニック発作は、病初期には、明らかな誘発要因はなく、予期せぬ時に、突然、息切れや動悸、めまい、発汗、胸痛などが同時に起こります。また、その多くは呼吸困難を伴う症状が現れ、何が起こ...

心の病気!神経症とは・・・

◎心の病気心の病気とは、医学的には、神経症(neurosis)と呼びますが、心理的な原因によって症状が現れる疾患のことを指します。一般に、ノイローゼ(ドイツ語:neurose)と呼ばれている状態が、神経症になります。しかし、この神経症は、精神病とは別の病気になります。神経症は、精神病のように、幻覚や妄想が生じたり、現実を認識する力や判断力が鈍くなったりするということはなく、脳に器質的な障害がみられることもありませ...