健康豆知識

重病を防ぐ高血圧の治療目標値

高血圧は怖い高血圧は、俗に「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれ、その発症前の自覚症状に乏しく、放置しておくと、生命に関わる重病を引き起こします。この高血圧は、塩分の摂り過ぎや肥満、ストレス、睡眠不足などが影響して発症します。血管がボロボロになる高血圧により、血管に過度な負担が掛かりすぎる状態が長く続くと、血管の弾力性が失われて、動脈硬化が引き起こされます。動脈硬化は、血栓をできやすくさせ...

液体のりで造血幹細胞を大量培養

骨髄移植とは・・・骨髄移植(BMT:Bone Marrow Transplantation)とは、血液細胞のもととなる造血幹細胞ががん化した場合に、正常な骨髄を移植して造血機能の正常化をはかる治療法のことです。この骨髄移植は、提供者(ドナー)から造血幹細胞を含んだ骨髄液を提供してもらい、それを患者さんへ注入して移植します。なお、骨髄液に含まれる造血幹細胞は、血液のもととなる細胞を作り出す力があります。そのため、ドナーの骨髄液を...

白血病の5年生存率が上昇中

治る病気へ・・・白血病(はっけつびょう)は、昔、「不治の病」と呼ばれていました。しかし、近年、白血病は、「治る病」へ変わりつつあります。というのも、白血病の治療法が、日々進化していて、新しい抗がん剤が次々に開発されているからになります。また、検査方法も進化していて、これまでの検査方法に加えて、複数の検査を組み合わせて、がんの種類に応じた治療が可能となってきています。最近では、白血病は、小児(0~1...

骨髄バンクにドナー登録できる人の条件

骨髄バンクとは・・・骨髄(こつずい)バンクとは、骨髄移植が必要な患者さんを治療するために、骨髄を提供してくれる方を広く募集して、患者さんとドナー(提供者)との架け橋となってくれる団体のことです。この団体は、正式には、「日本骨髄バンク(JMDP)」といい、白血病や重症再生不良性貧血などの病気で、血液を作る細胞に異常が生じた患者さんへ、骨髄移植(BMT:Bone Marrow Transplantation)という治療法を提供していま...

溶血により流れ出るヘモグロビン

溶血とは・・・溶血(hemolysis、hematolysis)とは、赤血球が破壊されることを意味する言葉です。しかし、赤血球は、毎日、全赤血球の1/120ずつ破壊されているため、通常、溶血という言葉は、健康な方よりも赤血球の破壊が亢進している場合に用います。赤血球の寿命は、約120日となっています。赤血球は、老化が進むと変形能が低下していき、赤脾髄の索で補足されて破壊(溶血)処理されます。なお、この赤脾髄の索におけ...

ヘモグロビンA1cと血糖値の関係

ヘモグロビンとは・・・ヘモグロビン(Hb:hemoglobin)とは、赤血球中に含まれている物質で、酸素分子(O2)と結びつく性質を持っている蛋白質になります。このヘモグロビンは、分子量約6万7000で、4つのサブユニット(四量体)で構成されています。ヒトの場合、ヘモグロビンのサブユニットを構成するグロビン(globin)には、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)、ε(エプシロン)、ζ(ゼータ)鎖の分子...