こむら返りの対処法と薬物治療

◎こむら返りとは・・・こむら返り(calf cramp)とは、下腿三頭筋が筋攣縮を起こして、比較的短時間、足がつった状態になる症状のことです。このこむら返りは、有痛性筋攣縮(筋クランプ:muscle cramp)の代表格で、ジョギング中や水泳中などに発生しやすくなっています。また、高齢者や基礎疾患を持っている方などの場合、こむら返りは、眠りについた後や明け方に発症することが多くなっています。◎こむら返りは、痛いこむら返り...

強剛母趾(きょうごうぼし)の治療法や生活上の注意点

◎強剛母趾とは・・・強剛母趾(hallux rigidus)とは、別名、強直母趾(きょうちょくぼし)とも呼びますが、足の親指(母趾)の付け根にある関節(第1中足趾節(MTP)関節)の変形性関節症のことになります。強剛母趾の症状は、初めは、運動時の痛みが出現し、徐々に第1MTP関節の動きが悪くなって、関節の可動域に制限が現れ、歩行に困難が生じてきます。強剛母趾の原因は、不明ですが、普段履いている靴の適合性や姿勢の悪さな...

ゴルフ肘の症状とその治療法

◎ゴルフ肘とは・・・ゴルフ肘とは、手のひらを上に向けた時に、小指側にくる肘の内側(上腕骨内側上顆)が痛くなる疾患です。このゴルフ肘は、上腕骨内側上顆にくっ付いている筋肉(前腕屈筋群)の付着部(腱)が、使い過ぎなどにより変性や微小断裂を起こして、炎症が引き起こされて痛みが生じます。なお、ゴルフ肘は、ゴルフを好むスポーツ愛好家の方々に多い疾患のために、そう呼ばれていますが、正式には、上腕骨内側上顆炎と...

テニス肘の症状とその治療法

◎テニス肘とは・・・テニス肘とは、手のひらを上に向けた時に、親指側にくる肘の外側(上腕骨外側上顆)が痛くなる疾患です。このテニス肘は、上腕骨外側上顆にくっ付いている筋肉(前腕伸筋群)の付着部(腱)が、使い過ぎなどにより変性や微小断裂を起こして、炎症が引き起こされて痛みが生じます。なお、テニス肘は、テニスやバトミントン、卓球などのラケットを使うスポーツ愛好家の方々に多い疾患のために、そう呼ばれていま...

オスグッドの症状とその治療法②

◎オスグッドの症状オスグッドの症状は、主に、脛骨粗面部(脛骨結節)の隆起が認められるほか、運動中や運動後の脛骨粗面部の痛み(疼痛)、患部の圧痛や発赤、腫脹(腫れ)、熱感などになります。また、オスグッドは、ジャンプしたあとの着地やキック動作により、症状が悪化する特徴を持っています。なお、オスグッドの症状が重症化すると、歩くときに、膝に体重を載せただけで激痛が生じます。そのため、オスグッドが重症化した...