健康豆知識

BSL4施設の本格稼働へ向けて病原体を輸入

BSL4施設とは・・・BSL4施設とは、国際基準「バイオセーフティー・レベル(Biosafety Level)」で4段階のうち、最も危険度が高い病原体を安全に取り扱える施設のことです。このBSL4は、欧米など20か国以上に、約60か所で設置されています。日本国内では、1981年完成の国立感染症研究所(感染研)村山庁舎の実験施設が、2015年に厚生労働相からBSL4施設の指定を受けています。また、長崎大学では、2021年の完成を...

WHOがゲーム依存は病気と認定

正式決定2019年5月25日、世界保健機関(WHO)は、スイス・ジュネーブで年次総会委員会を開き、オンラインゲームなどにのめり込み、生活や健康に深刻な影響が出た状態を「ゲーム障害(ゲーム依存症)」と呼び、「国際疾患分類」の精神疾患に該当すると正式に認定しました。それによると、ゲーム障害は、アルコールやギャンブルなどの依存症と同様に、治療が必要な疾病として扱うことが適切であるとしています。なお、WHOが、...

白血病の免疫療法治療薬キムリアが保険適用

新薬が承認2019年5月15日、厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は、新しい免疫治療薬「キムリア」の保険適用を了承しました。それによると、白血病などの治療に用いられる新薬キムリアは、公定価格(薬価)を3349万円とされ、公的医療保険の適用が認められました。なお、キムリアの保険適用開始は、2019年5月22日からとなっていて、年収500万円の会社員の患者さんが高額療養費制度を...

外国人労働者の扶養家族への健康保険適用が制限

健康保険改正法が成立2019年5月15日、参議院本会議で与党などの賛成多数により、公的医療保険制度の適正化を図る健康保険法などの改正法が可決成立しました。この健康保険法の改正法は、2020年4月1日から施行されます。改正法の中身新たに可決成立した健康保険法などの改正法は、健康保険が適用される扶養家族を、原則として国内居住者に限定することにしています。また、そのほかに、厚生年金加入者の配偶者では、そ...

介護分野の特定技能にEPA人材を追加

特定技能とは・・・特定技能(とくていぎのう)とは、2019年4月に創設された外国人の在留資格のことで、介護や農業、建設業などの14業種に従事する外国人向けの資格です。この特定技能の資格を取得するためには、技能試験と日本語能力試験を受験して、両方の試験を合格する必要があります。なお、2019年4月には、介護と宿泊、外食の3業種で試験が開始されています。因みに、介護職員は、2025年度には全国で約34...

高血圧治療の新指針は130/80

血圧は健康指標血圧とは、心臓や血管の状態を知るための指標です。この血圧は、体温と同様に、日々の生活でさまざまに変化します。特に、運動や食事をした後には、血圧が高くなりやすく、ストレスや興奮、お茶、コーヒー、アルコール、タバコ、寒冷刺激、痛み、睡眠不足などでも血圧が高くなります。血圧の最大値と最小値血圧は、心臓が血液を送り出して最も縮まる時(収縮期)に最大となり、その血圧を最大血圧や最高血圧と呼びま...